手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

ほんの僅かな再会。

f:id:touou:20190707205058j:plain

 

横断歩道で信号待ち。

 

向こう側にいる人だかりの中、なにやら引っかかる人物が。

 

信号が青に変わる。

 

先頭にいた私は止まったまま。

私のうしろで信号を待っていた人たちは、あからさまに邪魔だと私を見る。

 

そりゃそうだ、と思いながら私は立ち止まったまま、なにかが引っかかる人物がこっちに来るのを待つ。

 

「ああ、やっぱり」

 

「ああ、久しぶり」

 

どのくらいぶりに会うのだろう。

すっかり錆びついていたはずの記憶が、急に音を立てて動きはじめる。

 

最後に会ってからどれほど時間が経っていても。

目の前にいる君くらいまでは、一気に距離が縮まってくる。

 

「久しぶり」

私はそう言って右手を差し出す。

 

自分でも驚く行為だった。

自分でもいやらしく思う。

 

最後に会ってからこんなに時間を経ているのに。

まだ挨拶しかしていないのに。

 

さらに距離を縮めようとするなんて。

 

「元気だった?」

君は私の思いなど知らぬまま、私が差し出した右手を握ってくれた。

 

君はあのころと随分変わった。

 

「変わらないね」

久しぶりに握った君の手を見ながら、私は言う。

 

「そんなことないよ」

 

君が今どこでなにをしているのか、誰といるのか。

なんてことは聞けない。

 

君は左手に袋を持っていて、私がそれに目をやったことに気がついた。

 

「今日、七夕だから。短冊買ったの」

君は恥ずかしそうに笑う。

 

私はなにも言えずに、ただ頷く。

 

「じゃあ、元気で」

君は軽く手を上げて、笑ったまま去って行く。

 

うしろ姿はあのころのまま。

 

一年に一度も会えないのに。

もう二度と会うことはないかもしれないのに。

 

私はただ君のうしろ姿を見つめる。

 

君の左手の薬指には、キレイな指輪が光っていた。

 

君は短冊にどんな願い事を書くのか。

はたまた、君じゃない誰かが書くのか。

 

そんなことを思いながら、君が見えなくなっても君がいたほうを見つめた。

 

錆びついた記憶が動いたまま。