物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

思い出は過去ばかりではない。

f:id:touou:20190710204554j:plain

 

ただいま。

両手に袋を持ったレイコがドアを開ける。

袋をテーブルに置くと、袋から写真と額縁を取り出した。

 

また買ったの?

ヒラナリは読みかけの雑誌を閉じる。

 

うん。

鼻歌まじりにレイコは写真を額縁に入れていく。

 

今度はいつの?

ヒラナリはレイコへと近づく。

 

先週出かけたときのと、このあいだ家で撮ったやつ。

 

家で?

 

うん!あの子のすごくいい顔撮れたんだ。ほら。

レイコは何枚もある写真の中から一枚を取り出す。

 

たしかに。

ヒラナリは小さく頷く。

 

ねえ?そうでしょ?

レイコは次々と写真を額縁へと入れていく。

 

まあ、そうだけど。それにしても…。ちょっとやりすぎじゃない?

ヒラナリは部屋を見渡す。

家族写真やあの子の写真があちこちに飾られた部屋を。

 

そう?

 

写真を飾るのはいいんだけど。これだけあったら、なんて言うか、過去に縛られているみたいで…。

ヒラナリは飾られた写真を一枚一枚覗き込む。

 

たしかにいい写真だよ。そのときのことを思い出せるし。でも…。

ヒラナリの声は細くなっていく。

 

過去ばかり見ていたらダメ!

話を遮るようにレイコは強い口調で言う。

 

これは過去のためじゃない。未来のために飾ってるの!こういうときを過ごして今の私たちがあって、これから私たちがどうなっていくのか。

レイコの口調は強くなるばかり。

 

ほら見て。まだこんなにスペースが残っているわ。このスペースには私たちの未来が飾られる。ひとつひとつスペースを埋めていくことが、私たちの未来なの。

レイコは両手を広げる。

 

……。

ヒラナリはなにも言えない。

わかったような、わからないような。いや、わからない。

 

じゃあ、スペースが埋まったら未来がなくなるよ?

ヒラナリの精一杯の反抗。

 

じゃあスペースが埋まったら、もっと大きな家に引っ越そう!

レイコは笑う。

 

えっ?

ヒラナリは笑えない。

 

頼りにしてるよ。おとうさん!

レイコは残った写真を額縁に入れていく。