ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

はたかれた方が痛いに決まっている。

f:id:touou:20190711201116j:plain

 

パンパン。

頬をはたく。

 

パンパン。

頬をはたかれる。

 

パンパン。

往復ではたかれる。

 

パンパン。

暴力ではない。

体罰でもない。

 

早く起きて。

サユリが言う。

ショウタの頬をはたきながら。

 

パンパン。

早く目を覚まして。

 

少しずつ確実に、頬をはたく力が強くなる。

 

うーん…。

ショウタは目をうっすらと開ける。

寝ぼけているのか、まだ痛みを感じていないようだ。

 

パンパン。

サユリはショウタの頬をはたき続ける。

 

いつまでも夢の中にいるショウタをこっち側に戻すために。

 

むにゃむにゃむにゃ…。

ショウタがなにやら言っている。

サユリは聞き取れない。

 

いつもの寝言、戯れ言だ。

寝言は寝て言え。

寝ても言うな。

 

サユリは頬をはたき続ける。

 

目を覚まして!

 

わかったよ…。

ショウタは言う。

 

それでもサユリは手を止めない。

わかったと言いながら、なにもわかっていないから。

 

夢見ることは悪いことではない。

サユリは思う。

 

けれどショウタは少し違う。

夢の中で夢を見て、起きても夢の中にいる。

 

早くちゃんとしてほしい。

早く現実を見てほしい。

サユリはショウタの頬をはたき続ける。

 

パンパン。

パンパン。

 

目を開けているのに、目の前にいる私を見ていない。

サユリはいつだってショウタに言う。

 

夢ばかり見ていて、私を見ていない。

 

わかったよ。

ショウタはいつだってそう言う。

 

パンパン。

パンパン。

 

サユリはショウタの頬をはたく。

暴力でも体罰でもない。

 

わかってる、と言うショウタは、きっとまだわかってないから。

 

はたかれる方も痛いけど。

はたく方も痛いのよ。

 

早く目を覚まして。

早く私を見て。

ちゃんと私を見て。

 

サユリは願いを込めて、頬をはたく。