ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

理想論の論破を恐れる。

f:id:touou:20190712201529j:plain

 

駐車場を探す。

 

いいところがないかな、とグルグル回る。

 

いいところを見つけた、と思ったら満車。

こんないいところ、なかなか空くわけもなく、またグルグル回る。

 

君の部屋から少しずつ離れていく。

 

仕方がない。

 

君が住むマンションに駐車場はない。

だって君は車を持っていないから。

 

君の部屋の近くの駐車場はほとんど満車。

時間帯のせいかな。

 

たまに空いているところはあるけれど、看板を見てはまたグルグル。

 

仕方がない。

 

君の部屋から少しずつ離れていく。

 

ちょっと高いね。

少しでも安いところを探している。

打ち止めがあって、それが少しでも安いところ。

 

僕のしょうもないところが見え隠れ。

 

君には言えないところ。

 

グルグル探す。

早く君のところへ行きたいけれど。

 

少しでも君と長くいたいから、少しでも安いところを探す。

 

ちょっとしか君と一緒にいられないなら、この努力は意味がない。

それでも僕は望む。

理想を望む。

 

できたら朝まで一緒にいたい。

 

すぐに帰ることなんて思っていない。

だから、少しでも安いところを探している。

 

僕の切ないところが見え隠れ。

 

グルグル回る。

君の部屋からどんどん離れていく。

 

ああ、早く君のところへ行きたいよ。

 

遅くなった理由を君には言えない。

僕の卑怯なところが見え隠れ。