物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

とんがり君とへこんだちゃん。

f:id:touou:20190713214714j:plain

 

へこみにへこんで、原型がわからなくなるくらいへこんでいる。

 

あなたはそれに気づいているのか、いないのか。

いつもどおり接してくる。

 

いつだってあなたはそうだけど。

 

ポジティブな言葉ばかり並べて、お気楽な言葉ばかり並べて。

あなたはとんがって見える。

あちこちとんがっていて、痛そうだ。

 

今はそっとしていてほしいのに。

 

鈍感なのか、あえてなのか。

 

慰めてちょうだい、なんて言わないから。

なにも言わないでほしいときもあることをわかってほしい。

 

だから今はあなたの話は聞きたくない。

とんがった話ばかりだから。

 

あなたの話を聞きたくないと、あなたに私が話をする。

 

鈍感なのか、あえてなのか。

構わずあなたはとんがった言葉ばかり並べてくる。

 

聞いていないふりをするけれど。

こんなに近くで続けられたら。

嫌でも耳に入ってくる。

 

そして次第にあなたの話を聞いてしまっている。

 

価値観。

嗜好。

着眼点。

発想力。

 

とんがったあなたのそれらは、どれも私にはないものばかり。

 

私のへこんだところに、あなたのとんがったところが突き刺さる。

 

ピタッときれいにはまる。

 

いびつな形の者同士。

お互いきれいな丸だとこうはならない。

 

日によって形は違うから。

いつもこんなにピタッとはまるはずはない。

 

うまくはまらないときは、ただ痛い。

そんな日もあるだろう。

 

お互いとんがってぶつかりあう。

お互いへこんでなにも噛み合わない。

そんな日もあるだろう。

 

でも今日はピタッとはまる。

 

今日はこれでいいのかもしれない。