手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

誰をも騙せる嘘はない。

f:id:touou:20190717204059j:plain

演じるなんて嘘つきのやることだ。

 

あなたは言う。

 

誰だって演じている部分はあると思うけど。

私の言葉にあなたが頷くことはない。

 

そんなことないよ。

橙に染まった町の片隅をあなたは歩く。

伸びた影はあなた自身よりも長くなっている。

 

演じることが悪いことだとは思わないけど。

私の言葉を遮るように雲が陽を覆う。

 

怒ってるの?

怒ってないよ。

 

私とあなたの問答がいつまでも続く。

 

怒ってないよ、というあなたは演じているようだ。

 

そんなこと、あなたには言えないけれど。

 

昨日のこの町と今日のこの町。違いがどこだかわかる?

私の問いにあなたは足を止める。

 

すべてが違うよ。

あなたは呟く。

 

どっちが本当の姿なの?

 

今日だよ。

 

じゃあ、昨日のこの町は演じていたってこと?

 

いいや。昨日は昨日で本当の姿。今日は今日で本当の姿。

あなたが微笑んだ気がした。

 

ようやくあなたの横に辿り着いた。

大きな歩幅が、小さくなったから。

 

雲は晴れても、陽は小さくなっている。

 

なに食べようか?

あなたは言う。

 

私の前であなたを演じながら。

 

あなたは私に笑いかける。

 

あなたは私に嘘はつかない。

でも、あなた自身に嘘をついている。

 

私はそんなあなたに気づかない私を、演じている。