手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

人類最古の病にかかる。

f:id:touou:20190719212051j:plain

 

からだの至るところで異変が起こっている。

 

なにか重大な病なのかもしれない。

 

怖い。

だから、いろんな病院を回ってみる。

 

まずは内科。

 

時々、胸のあたりがチクッとする。

最近はその頻度が高まっている。

 

特に異常は見当たりません。

医者はそう言う。

 

おかしいな。本当に痛くなるのに。

 

次は脳神経内科

 

時々、急に手足がガクガク震える。

どこに行けばいいのか調べたら、脳神経内科だった。

なんだか、怖い。

 

特に異常は見当たりません。

医者はそう言う。

 

おかしいな。本当に震えるのに。

 

次は眼科。

 

なにもないのに、涙が勝手に流れる。

 

特に異常は見当たりません。

 

おかしいな。確かに涙は流れているのに。

 

次は精神科。

 

眠れない。いろんなことを、あれこれ、考えすぎて。

 

特に異常は見当たりません。

 

おかしいな。最近、全然眠れないのに。

 

どこもおかしくないのに、どこもおかしい。

怖い。

原因がわからないのが一番、怖い。

 

なんの病なのか。

病じゃないのに、こんなに異変が起こるなんて。

 

友人に相談する。

なんでも困ったときは相談に乗ってくれる、たったひとりの友人。

 

それって、あれだろ?

深刻な顔して相談したのに、タバコを吹かしながらサラリと友人は言う。

 

なに?

 

その症状が出るときの共通点があるだろ?

 

共通点?

 

共通点というより、共通する人物かな。

 

人物?

 

思い当たる人、いるだろ?

 

……ああ、まあ。

ひとりの人物が頭の中を駆け巡る。

笑ったまま駆け抜けていく。

 

それは、恋の病、だ。

 

恋の病?

 

ああ、そうだ。

 

どうしたら治る?

 

不治の病だ。一喜一憂を楽しむしか方法はない。

 

どうしたらいいんだよ。

 

幸いにも、からだに異常はないことがわかったんだ。まだ時間はたっぷりある。とにかく、いろいろ考えて行動して、苦しんで楽しめ。

 

薬は?

 

ない。どこの病院でも処方箋は出してくれないよ。自分でなんとかするしかないんだ。

 

友人は美味そうに、ニヤニヤしながらタバコを吹かす。