ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

画面の向こうは別世界。

f:id:touou:20190721202112j:plain

 

嫌なニュースばかりだな。

ヒロキはテレビを眺めながら言う。

 

そうだね。見ているだけで痛々しい。

ミサはヒロキの隣で頷く。

 

考えられないよな!まわりは気づかないのかな。

ヒロキは次第にヒートアップする。

 

……どうだろう。

ミサはなにかを飲み込むように答える。

 

ほら!またこんなニュース。どうなってるんだこの国は。こんなんじゃ、いつまで経っても平和なんて訪れないよ!

 

……そうだね。

 

政治家はなにをやってるんだ!誰かがなんとかしないと!

 

……一人ひとりがちゃんと考えないとね。私たちも…。

 

俺らじゃどうしようもないよ。なんの影響力もないんだから。

 

……まずは自分の身の回りからだよね。

 

こんな大きな事件、このあたりじゃ起こらないよ。

 

……でも可能性はゼロじゃないでしょ?

 

ゼロじゃないけどゼロに等しいでしょ。こんな大事件。

 

……この人たちもきっとそう思ってると思うよ。まさか、って。

 

そうなる前に気づくと思うけどな、いろいろと。

 

……そうかな。こういうのって突然起こったりするから。それがこっちに起こらないとは限らないよ。世の中いろんな人がいるから。

 

いろんな人はいるけど、俺のまわりにこんな奴はいないな。もしいたら、こうなる前になんとかするでしょ。

 

……なんとかできる?

 

できるよ。俺じゃなくても、誰かがやるし。これだけ人がいるんだから。

 

……そんなに他人事でできる?

 

できるって、きっと。

 

……ふうん。あっ、そうだ。これから選挙行くけど、一緒に行く?

 

選挙?選挙なんて行ったことない。

 

……えっ?

 

だって行ったってなにも変わらないだろ?考えてみろよ。何十万、何百万っていう票があるんだぞ。俺の一票なんて、意味ないよ。

 

……一票の積み重ねでそれだけの票になるわけでしょ?

 

まあそうかもしれないけど。俺の一票がないくらい、なんの問題もない。

 

……。

ミサはまたなにかを飲み込む。

 

そのまま、なにも言わず、部屋を出て行く。

 

ヒロキがテレビを観ながらまたなにか言っているのを、背中で聞き流しながら。