ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

火花は消えても記憶は残る。

f:id:touou:20190728222506j:plain

 

今日は花火大会。

 

毎年欠かさずあなたと見に行った。

 

このあたりでは有名な花火大会。

大きな打ち上げ花火がいくつも上がる。

いつだってたくさんの人がやってくる。

 

人混みが苦手なあなただけど、この花火大会だけは必ず一緒に行ってくれた。

 

さいころからずっと見ているから。

 

あなたは照れ臭そうに、そう言った。

 

いろんな花火大会に行ったことがあるけれど、あなたが生まれ育ったこの町の花火大会が一番好き。

 

そう言うと、あなたは照れ臭そうに、ふうん、と呟いた。

 

毎年行っているこの花火大会。

いろんな場所から、いろんな花火を見た。

 

どれもちゃんと覚えている。

 

でも、ふたりともすぐに屋台に夢中になった。

あれもこれもといろいろ物色。

行ったことのない屋台はないほどに。

 

それでも花火はちゃんと覚えている。

本当だよ。

 

いろんな角度でいろんな花火を見た。

いろんな角度でいろんなあなたを見た。

 

すべて覚えている。

 

でも一度も浴衣を着てくれることはなかった。

 

きっと似合うのに。

 

私がそう言うたびに、あなたは照れ臭そうにどこか遠くを見た。

 

 

 

今年は一緒に見られない。

 

だけど悲しくなんてない。

 

先に行って、見ていて。

まだ私が見たことのない角度から。

 

上から見る打ち上げ花火はどういう風に見えるのか教えて。

近いうちに私もそっちに行くから。

 

また一緒に花火を見よう。

次こそは浴衣を着て。