ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

何もせずにいることをする。

f:id:touou:20190803215035j:plain

 

何もせずにいられたらいいのに。

 

何もしていないのに汗をかく。

 

もうそんな季節。

挨拶代わりの、暑いね、がそこらじゅうに転がっている。

踏んでしまうと、こっちまで、暑いね、と言ってしまう。

 

何もせずにいられたら。

 

何もせずにいても汗をかくのなら。

歩いて、動いて、汗をかく。

 

何もせずにいても時間が過ぎるのなら。

走って、動いて、時間を進める。

 

何もせずにいても回っているのなら。

ジャンプして、動いて、振り落とされないように。

 

光は勝手に射し込む。

音は勝手に流れる。

匂いは勝手に漂う。

 

何もせずにいられたら。

少しは何かが変わるのだろうか。

 

変化を求めるくせに、変化を恐れてしまう。

 

まわりが勝手に動くから、止まっていても景色は変わるはずなのに。

 

何もせずにいられたら。

何もせずにはいられない。

 

おでこにじんわり汗が浮き出してくる。

 

人差し指で汗をなぞって、舐めてみる。         

 

そこで、改めて知る。

 

自分はなんてしょっぱい人間なんだと。