ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

八月六日。

f:id:touou:20190806203657j:plain

 

目の前に広がるのは、色のないモノクロな世界。

 

何度も見たことがあるのに、何度も見ても私の想像が追い付かない。

 

どれほどの年月を重ねても。

 

どれほどの爆音が降り注いでも。

 

あちこちから流れ着く、泣き声しか聞こえない。

 

どれも小さく、星の数ほどあるすべてを拾い集めることはできない。

 

限りある一部だけを拾っても、空からやってくる爆音はかき消される。

 

いつもどおりの空はこの世の終わりを迎えた。

 

見たことのない大きく黒い雲は、すべてを奪い去っていった。

 

何もかもが終わったはずなのに。

 

まだ終わってなんかいなかった。

 

どれほどの苦労と悲しみと努力と愛情を積み重ねたのだろう。

 

私の想像が追い付かない。

 

私の想像なんかより遥か彼方。

 

目を閉じる。

 

私は誰かの礎の上に立っている。

 

手を合わせる。

 

私も誰かの礎になりたい。

 

今もどこかで泣き声がする。

 

小さくて細いけれど、確実に。

 

まだ終わってはいない。

 

目を開けると、そこには小さな掌。

 

何も言わずに、そっと握る。