ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

素晴らしき世界③

f:id:touou:20190809203014j:plain

 

電車に乗った。

 

座席は満席。

仕方なく立って吊り革につかまる。

 

両手でつかまり、電車の揺れに体を委ねる。

 

ドアが開くたび、ぬるい風と人々が出入りする。

 

さっきまで飲んでいた酒がからだを巡り、一緒に眠気も巡ってくる。

 

いろいろなものに耐えながら、ようやくあと一駅。

 

ドアが開き、ぬるい風と一緒に一人の老婆が入ってきた。

老婆は杖をつき、ゆっくりと足を踏み出していく。

 

こんな時間に、と思いながらまわりを見渡す。

座席はまだ満席。

 

老婆は閉まったドアにもたれかかるように立つ。

 

すると、一人の女性が老婆に近寄った。

 

あそこの席が空くのでどうぞ。

女性は老婆に言う。

 

いや、ここでいいですよ。ありがとう。

老婆は小さく笑う。

 

私、次の駅でもう降りるので。どうぞ。

女性も老婆に笑いかける。

 

ありがとう。

老婆はやさしくお礼を言った。

 

女性は老婆の手をとって席まで案内する。

老婆はゆっくりと座席に座り、女性に深くお辞儀をする。

 

女性もお辞儀をして、老婆が立っていたドアの前で立ち止まった。

 

素敵だな。

譲る方も譲られる方も。

そう思っていると、駅に着いた。

 

少しだけ酔気と眠気が覚めた私は、電車を降りる。

ぬるい風がからだじゅうを纏ってくる。

 

階段の方へと歩いていくと、前方にはさっきの女性が歩いていた。

 

同じ町なのかな。

 

ジリリリリ…とベルが鳴る。

ドアが閉まる合図。

 

すると女性は再び電車に飛び乗った。

さっきまで乗っていた電車と同じ。

 

アナウンスが響いて、ドアが閉まる。

 

女性はさっきより2両先のドアの前に立っている。

 

電車が動きはじめる。

 

女性は立ったまま本を読みはじめた。

2両後に、座席に座った老婆が見えた。

 

素敵だな。

そう思いながら、階段を下りる。

 

あの女性の気持ちがすべてちゃんと伝わりますように。

あの女性と老婆が同じ駅で降りることがありませんように。

 

妙な老婆心が私の中を駆け巡った。