手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

何を言われるかより誰に言われるか。

f:id:touou:20190809203605j:plain

 

ゴンゾウという男がいた。

 

この男、どこまでも己の欲望に素直。

自由奔放というか。

自己中心的というか。

自堕落というか。

 

好きなものを好きなだけ食べ。

好きなときに好きなだけ寝て。

人との約束や予定はいつだってその時の気分次第。

 

嫌なものは嫌。

好きな道だけ選んで歩いている。

 

だって自分の人生だから。

 

ゴンゾウの口癖。

 

自分のために生きている。

優先順位はいつだって自分が最上位。

 

誰に何と言われようが、ゴンゾウの心は揺れることすらない。

 

バランス良く食べなくちゃ。

規則正しい生活をしなくちゃ。

約束はしっかり守らなくちゃ。

 

いろんな人から同じようなことをたくさん言われた。

 

それでも、長年かけて染みついたゴンゾウの思考が変わることはない。

 

好きなことを好きなだけ。

それなら、明日死んだって構わない。

少しの悔いもない。

 

そんな生活が続いたある日。

 

あなたのからだが心配。

ある女が言った。

 

それまで誰の言葉にも心が揺らぐことのなかったゴンゾウ

不思議なことに、彼女の言葉だけは心に突き刺さった。

 

わかった。

ゴンゾウは頷き、女を抱きしめた。

 

それからのゴンゾウは別人のようになった。

バランス良く食事をし。

規則正しい生活を送り。

約束はしっかり守る。

 

人を気遣い、優先順位は変わった。

 

自分より大切なもの。

ゴンゾウははじめて知った。

 

女は言う。

もう少し一緒にいたいの。

 

ゴンゾウは女をきつく抱きしめる。

 

ゴンゾウははじめて心に思った。

 

もう少し長く生きたい、と。