ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

飲み込まれる。

f:id:touou:20190814203005j:plain

 

飲み込まれていく。

 

抗うことなく。

むしろ、少しでも早く、と。

 

順番待ちは、もうそろそろ飽きるころ。

 

いっそ、楽にしておくれ。

 

ジワリジワリ、近づいていく。

 

赤く染まったものが目の前にいくつも流れている。

飲み込まれるように。

吸い込まれるように。

 

笑っている者も。

疲れ果てた者も。

目をこする者も。

 

いろんな表情を見せながら、思いは誰もが同じ。

楽にしてくれ。

早く飲み込んでおくれ。

 

ようやく蛇の姿が見えた。

巨大な蛇。

 

誰も抗うことなく、飲み込まれていく。

我先にと、吸い込まれていく。

 

それでもまだまだ、目の前は赤く染まっている。

 

とうとう私の順番。

 

赤く染まったまま飲み込まれる。

そして、そのまま吐き出される。

 

吐き出されると、またすぐ次の蛇が見えてきた。

赤く染まった道を、抗うことなく進んでいく。

 

いつまで続くのか。

どこまで続くのか。

 

ラジオをつける。

 

25㎞の渋滞、だそうだ。

 

そろそろトイレの心配をしなくちゃ。

手に持ったお茶を、飲むことなくホルダーに戻した。