物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

影を探すことは光を探すこと。

f:id:touou:20190818205714j:plain

 

影の長さは私のライフゲージ。

 

朝は長く伸びてやる気に満ち溢れている。

何色にも染まっていないこれからの時間を、私が染めていく。

 

なのに。

 

時間が経つにつれて、ライフゲージはなくなっていく。

あんなに長かったのに、どんどん短くなっていく。

 

理由は様々。

 

他人だったり、天気だったり、気分だったり、想定外のことだったり、私自身だったり。

 

みるみるうちに短くなる。

ライフゲージはあと僅か。

 

眠いし、暑いし、ムカつくし。

 

それでも私は知っている。

 

ライフゲージはまだなくならないことを。

ここでは、なくなることがないことを。

 

今は短くても、さらに時間が経てばまた復活する。

まだ、今日と言う時間は残されている。

 

橙に染まりながら、私は歩く。

 

影は伸びている。

同時に私のライフゲージも。

 

陽が沈んだらって心配しなくても大丈夫。

 

ここにはどこにだって明かりがある。

中にも外にも。

 

影がゼロになれば、ライフゲージもゼロになる。

でも、大丈夫。

 

そうなったら、眠りにつくだけ。

 

また陽は昇るし、明かりはどこにだってある。

 

ほら、まだ影が見える。

影があるということは、光があるということ。

 

眠りにつくまで、まだ時間はある。

影もまだ、残っている。