物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

仲間はずれは駄目なこと。

f:id:touou:20190821213038j:plain

 

きょうね、ほいくえんでコウタくんがレミちゃんにいじわるしたの。

 

あら、どうしたの?

 

みんなでブロックであそんでいたら、コウタくんがレミちゃんにだけブロックをかしてあげなかったの。

 

あらら、ひどいわね。あなたはちゃんと貸してあげたの?

 

うん。ちゃんとレミちゃんにいったよ。いっしょにやろう、って。

 

偉いわね。ダメよね、意地悪したら。

 

うん。ちゃんといっしょにあそんだよ。

 

本当に偉いわ。いつも言っているけど、仲間はずれは駄目よ。

 

はいっ!

 

皆、同じだから。少し見た目が違ったり、住んでいる場所が違ったり、考えることが違ったり。でも、そんなことは小さなこと。皆、同じだから。ね?

 

はいっ!

子は大きく笑う。

どこか嬉しそうに、どこか誇らしげに。

 

お利口さんね。さあ、お風呂も入ったし、遊んでいていいわよ。

 

はーい!

子は走っておもちゃ箱へと向かう。

 

よしっ、と。

母はため息のようなかけ声のような音を口から出して、床に座り込む。

 

なかまはずれはだめ~。

子がおもちゃを漁りながら、オリジナルソングを歌う。

 

ふふっ。

母はそれを聴いて笑いながら、すね毛の処理をはじめた。