ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

閉まったものは開ければいい。

f:id:touou:20190823204506j:plain

 

シャッター全部閉まってるね。もう閉店の時間なのかな?

斜めに注ぐ陽射しを時折浴びながら、アーケードの下を歩くサユリは冗談っぽく言う。

 

そんな訳ないだろ。

カズキは少しムッとして答える。

 

そんなに怒んないでよ。

 

怒ってねえよ。

 

明らかに怒ったカズキを見て、サユリは笑う。

 

ごめん。悪気はないの。別にあなたの故郷をバカにしたんじゃないから。

カズキの腕に絡まりながら、サユリは胸を押し当てる。

 

やめろって。荷物が重たいんだから。

カズキはそう言いながら、腕を振りほどこうとはしない。

 

本当に来ちゃったね。

サユリは腕に絡みついたまま言う。

 

ああ、そうだな。

 

ふたりはシャッターばかりの商店街を歩く。

ガラガラガラ…、とカズキが引くスーツケースの転がる音が響く。

 

すごい響くね。

サユリはうしろを振り返る。

 

こんなに寂れちゃったか…。

カズキはため息と一緒に言う。

 

大丈夫かな?

サユリは胸を強く押し当てる。

 

大丈夫!

カズキはサユリに顔を近づける。

 

ちょっと!

サユリは仰け反る。

 

大丈夫。誰もいないから。

 

ふたりの声がこだまする。

どこかのシャッターが小さく震えた音がした。

 

カズキはあたりを見渡す。

誰もいないはずなのに、誰かを探すように。

 

ガラガラガラ…。

スーツケースの転がる音が響く。

 

大丈夫。

サユリに聞こえないよう心の中で呟き、もう一度サユリに顔を近づけた。