物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

無名も悪名も同じ町にいる。

f:id:touou:20190824202800j:plain

 

町を歩けばいろんな花が咲いている。

思ったよりも咲いている。

 

きっとみんな花が好き。

だからみんな花を植えるんだ。

 

君もそうだろ?

 

きれいね。

君は色とりどりの花を見て言う。

 

赤も黄も橙も紫も白も。

何て言う花なのだろう。

俺はどれも名前を知らない。

 

桜と桃は微妙だし。

ガーベラなんて君の口からしか聞いたことしかない。

でも、アジサイとチューリップは確実にわかる。

 

君にバレないように。

俺は、そうだね、と頷く。

 

前を歩く君。

うしろで俺はこっそりと。

君にバレないように。

 

町を歩けばいろんな花が咲いている。

思ったよりも咲いている。

 

名前を知らない、きれいな花たち。

 

ごめんね、と言いながらむしり取る。

 

手のひらいっぱいにして、君にあげるため。

 

君にはバレないように。

きっと怒られるから。

悪いことだって、わかっている。

 

でも、今日だけ。

 

ごめんよ、花たち。

一生懸命咲いたのに。

 

俺はどこまでも悪い奴。

 

なのに、君を喜ばせようとしている。

 

ごめんよ、花たち。

名前すら、言えなくて。