ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

立ち位置はいつでも気になる。

f:id:touou:20190825204907j:plain

 

もう夏も終わりだね。

リエは空を見上げる。

 

そう?まだまだ暑いよ。

タクマは額にかいた汗をぬぐう。

 

本当に汗っかきだね。

 

仕方がないだろ。

 

ほら、肌に当たる陽射しの強さが違うでしょ?

 

大して変わらないよ。

 

全然違うよ!

 

まあ、厳密に言えば、毎日違うけどね。

タクマは拭いても湧き出る汗を拭き続ける。

 

でも、境目ってなんだかうれしくない?

リエは否定するタクマの言葉を無視するように、話を続ける。

 

境目?

 

季節もそうだけど、雨とか、なんかの仕切りとか。

 

そう?

 

なんか、どっちにでもいけるっていうか、どっちにもいるっていうか。ここで変わるんだって思うと、なんだか興奮しない?

 

そう?

リエの熱量を冷ますように、タクマは冷たく答える。

 

……今、なんの境目かわかる?

 

うん?季節じゃないの?

 

あなたと別れるかどうかの境目よ。

 

えっ?今?なんで?

 

そういうところ。

 

どういうところ?

鈍い表情のタクマを見て、リエは笑う。

 

まあ、いいわ。あっ、ほら、今ここ!

 

ん?

 

こっち来て。

リエは手招きする。

 

ほら、ここ。日陰。そっちは日向。

リエは影に立ち、タクマは日向で汗をかく。

 

ね?今私たちは、季節の変わり目に立っているの。

 

影にはひんやりとした空気があり、陽射しを浴びるタクマは汗をかく。

 

俺はそっちがいいな。

タクマはリエのほうへと歩く。

 

ダメ。

 

なんで?

 

ここが季節の変わり目だと思う?

リエは笑う。

 

うん。

タクマは即答する。

 

じゃあ、こっち来ていいよ。

リエはタクマの手を引く。

 

大きな雲が太陽を隠し、あたりは影に覆われた。

ひんやりした空気がふたりを包み、やさしい風がふたりを吹き抜けた。