物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

日記のようなもの①

f:id:touou:20190827214407j:plain

 

こんなに傷だらけなのに助けてくれない。

 

自分で治せ。

無言でそう言われている気がする。

 

いつか治る。

たまにそう言う人が現れる。

 

いつかはわからないらしい。

それまで我慢しろっていうこと?

 

だったら一人がいいよ。

でも一人は嫌だしな。

 

どこかで誰かと繋がっていたい。

そのためにウソはつくし、媚びるし、バカになる。

 

笑っていたいと心の中で思っても。

上手に笑えないことばかり。

顔の筋肉がつりそうになる。

 

いつだってどこかに傷を負っている。

 

勝手に治るものもあれば、そうじゃないものもある。

 

水を浴びれば滲みるし、風を受けても滲みる。

 

絆創膏を買いに行こう。

 

ドラッグストアに行こう。

 

絆創膏を買いに来たのに。

ドラッグストアにはいろんなものが売ってある。

 

いろんなものが目に入る。

いろんなものが欲しくなる。

あれもこれもと欲しくなる。

今必要なものかと言われれば、きっとそうじゃない。

 

見たくないものはたくさんあるから。

目に入って欲しいものは、必要なものじゃなくてもいい。

 

見たくないものはたくさんあるから。

目を閉じてまぶたに絆創膏を貼る。

 

聞きたくないものはたくさんあるから。

耳の穴の上から絆創膏を貼る。

 

すぐに剥がれる。

ちょっと痛い。

 

傷だらけなのに、痛みが増える。

絆創膏を貼ったのに。

 

剥がれた絆創膏を見ると、なんだか笑えてくる。

 

自分で治す。

いつか治る。

 

しなびた絆創膏を見て、引っ張る。

笑いながら、もう一度貼ってみる。

 

やっぱりすぐに剥がれる。

 

それでもいいや、と思えたから、きっとまだ大丈夫。