ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

日記のようなもの②

 

f:id:touou:20190905211759j:plain

 

怒りを吐き出す。

どうにも我慢できなくて。

 

感情に任せていたら、口からなにかが出てきた。

 

赤くてドロドロしたもの。

 

白いTシャツにかかった。

べっとりかかった。

 

拭いてもとれない。

洗ってもとれない。

 

すっかりシミになってしまった。

どんな手を使ってもとれないシミ。

 

こうなったら、白いものを吐き出すしかない。

Tシャツと同じ色のものを吐き出して、馴染ませる。

 

勢いに任せて。

感情に任せて。

怒りを吐き出す。

 

そのたび、口からなにかが出てくる。

なのに。

 

どうしても白が出てこない。

青だったり黄だったり。

紫だったり橙だったり。

金だったり銀だったり。

 

ありとあらゆる色は出てくるのに。

白はどうしても出てこない。

 

怒りに任せて。

感情に任せて。

 

なにも思い通りにはならない。

吐き出したものは、すべてシミになる。

 

いろんな色が混ざり合って。

白いTシャツは黒くなった。

 

吐き出すたびに思うのに。

ああ、どうしよう。って。

 

後悔しても、もう遅い。

何度も同じことのくりかえし。

 

目の前には真っ黒なTシャツ。

 

拭いても洗っても、とれない。

なのに。

 

こんなにいろんなものを吐き出したのに。

吐き出すものは、なくならない。

 

後悔はすぐに消えるのに。

とれないシミは重なって、消えることなく残り続ける。