物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

温もりの森。

f:id:touou:20190908204837j:plain

 

あなたを羨ましく思うけれど、あなたのようにはなれないと知っている。

 

陽が射せば、陰を作る。

雨が降れば、雨をしのげる。

 

大きくて、強くて、温かくて。

あなたが気づいているかは知らないけれど。

誰かを安心させる力を持っている。

 

私にはないものばかり、あなたは持っている。

そんなあなたに、憧れない、なんて言ったらウソになる。

 

同じところで生きているのに。

私のあなたは別のもの。

 

あなたは誰からも愛され大切にされる。

あなたがいなくなれば、きっとこの世は成り立たないから。

 

私はそうじゃない。

いつだって誰かから、邪魔だ、と言われる。

 

同じところに生きているのに。

 

あなたを見上げる。

あなたのようにはなれない。

 

それでもいいの。

 

あなたは花を咲かせる。

たくさん花を咲かせる。

みんなが見るのはあなたのほう。

 

私も花を咲かせるのに。

小さな花には興味がないみたい。

 

それでもいいの。

 

だってお互い花を咲かせることに変わりはないから。

色や形や数が違うだけ。

 

私のことを見てくれる人もいる。

あなたほど多くはないけれど、いる。

 

それでいいの。

 

誰になんと言われようとも。

 

だから花咲かせることを忘れずにいるの。