物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

足を踏み出すタイミング。

f:id:touou:20190910205430j:plain

 

通勤ラッシュの駅。

数え切れないほどの人が右に行ったり左に行ったり。

 

スグルはホームに立つ。

 

一本乗り遅れたか。

スグルは腕時計に目をやり、舌打ちする。

 

それでもすぐに次の電車がやってくる。

スグルのうしろには、すでに何人もの列ができていた。

 

ホームのあちこちで列ができていて、誰もがうつむいている。

スグルは大きく息を吐き出しながら、ホームの反対側を見つめた。

 

ざわめきに包まれながらも、スグルの頭の中は静かだ。

 

また今日も一日がはじまった。

起きて、会社へ行って、疲れて帰って、寝て、また起きる。

その繰り返し。

 

嫌なのかと言われたら嫌だし。

そうじゃないと言われたらそうじゃないし。

 

誰に言われたわけではなく、これが当たり前だから。

そうでも思わないと、スグルの頭の中はすぐにざわめく。

 

スグルはそれを知っているから、いつだって頭の中は静かだ。

 

何かを見ているわけではなく、スグルはホームの反対側に目をやる。

自分のような人がここにはたくさんいる。

スグルは小さく笑った。

 

すると、ひとりの男と目が合った。

一瞬だけかと思ったが、向こうもじっとスグルのほうを見ている。

 

初めて見る顔だ。

それなのに、どこか親しみを覚える。

 

大変ですね。

彼がそう言った気がした。

 

そうですね。

スグルはそう返した。

 

声を出してもきっと聞こえない。

ざわめきの中、きっと聞こえない。

それでもふたりは見つめ合い、会話を続けた。

 

毎日ですから。

 

そうですね。

 

嫌になるときもあるでしょう。

 

そうですね。

 

逃げ出したいときもあるでしょう。

 

そうですね。

 

死にたくなるときもあるでしょう。

 

そうですね。

 

ここから一歩踏み出すだけで終われますよ。

彼がそう言うと、スグルは黙った。

 

勇気を出して一歩踏み出せば。ひとりじゃ怖いから、一緒に勇気を出せば…。

彼の言葉を遮るように、スグルは首を振った。

 

死のうとすることは勇気じゃない。生きようとすることが、きっと、勇気なんですよ。

スグルは彼をじっと見つめる。

踏み出さないように、諦めないように。

 

そのとき、ホームに電車がやってきた。

スグルは扉が開くのを待って、一歩踏み出した。