ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

食べたくなるものは大体決まっている。

f:id:touou:20190912202236j:plain

 

見て。新商品だって。

ミオはファミレスのまわりで揺れる、のぼりを指差す。

 

本当だ。季節ものだな。

レイジはのぼりの文字を口に出さずに読む。

 

おいしそう。

野菜好きのミオは、のぼりに描かれた写真を見つめる。

 

そう?

野菜嫌いのレイジは、のぼりからすぐに目をそらす。

 

今が旬の野菜をたっぷり使ったメニュー。

色とりどりの色彩。

ヘルシーな一品。

 

ミオは新商品が好きだからな。ミーハーなんだよ。

レイジが新商品に惹かれる要素はひとつもなかった。

 

好奇心旺盛、と言って。レイジはいつも同じものばかり、気に入ったものばかり食べるでしょ?冒険心がないのよ。

 

ブレない、と言ってほしいな。確固たるものがあるって。

 

なによ、それ。

ミオは笑う。

 

ねえ、これ食べていこうよ。おなか空いたし。

ミオはまだのぼりを見つめている。

 

えーっ?

レイジは眉間にしわを寄せる。

 

私はこれを食べるけど、他にもたくさんメニューあるからレイジも大丈夫。ね?

 

えーっ?俺、ほかのものが食べたい。

 

なに?

 

ミオが作ったカレー。

 

えーっ?このあいだも食べたでしょ?

 

それでも食べたい。

 

えーっ?今から帰って作るの、面倒くさいんだけど。

 

お願い。俺、ブレない男だから。

 

冒険心がないだけでしょ。

 

ミオのカレー、うまいから。ずっと食える。

 

…じゃあ、スーパー寄らなくちゃ。

 

サンキュー。ミオの好きな野菜も買おう。

 

カレーに入れてもいい?

 

ダメ。別で食べて。

 

カレーばっかり。そのうち飽きるわよ。

 

大丈夫。俺、ブレないから。

 

どうだか。言っておくけど私は、ミーハー、だからね。

 

レイジはなにも返さず、笑っているミオの手を握った。