ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

塩強めの塩おにぎりが一番好き。

f:id:touou:20190915210713j:plain

 

味つけが濃すぎるとからだに悪いわよ。

君は眉間にしわを寄せる。

 

こっちのほうがおいしいから。

ぼくがそう言うと、君はすぐに目を逸らす。

 

いくつも調味料を並べているわけではない。

そんなときもあるけれど、基本的には調味料ひとつ。

 

それでもかけ過ぎたら、元々の味がわからなくなるでしょ?

君は喉を動かす。

 

そんなことないよ。多少の調整だよ。

ぼくは調味料に手を伸ばす。

 

君とごはんを食べるのは、少し苦手。

いつだって、なにか言われるから。

 

君にそういうつもりがないとしても。

ぼくのすべてを否定されているように思えるんだ。

 

ぼくは君の味つけになにも言ったことがないでしょ?

そんなこと、君には言えない。

それを言ってしまったら、きっと君はぼくと同じ気持ちになるから。

 

君が言っていることは理解している。

それでも嗜好というか、好みというか、習慣というか、思考というか。

そういったところは、きっと分かち合えないのだと思う。

 

素材があってこその調味料。

主役ではなく脇役。

 

でもときには脇役が主役になったっていいだろ?

じゃないと、脇役は報われないよ。

 

味つけが濃すぎるの。

君はぼくに言う。

ぼくから言わせれば君もなかなか濃い味つけ。

 

君がぼくのからだを心配してくれることはうれしい。

その気持ちは忘れずにいたい。

 

でも君もわかっているはず。

ぼくのためだけじゃなく、君のためも多分に含まれていることを。

 

この習慣はやめられない。

この瞬間がたまらない。

 

趣味は生きていく上での調味料にすぎないのよ。

君はぼくに言う。

 

あなたは味つけが濃すぎるの。

君はぼくに言う。

 

からだに悪いから。やめてとは言わないけど少し控えてほしい。

君はぼくに言う。

 

ぼくはいつだって上の空。

ぼくの返事はいつだって空っぽ。

 

そんな自分にぼくは気づいている。

 

だから、君に言われるたび思う。

 

少し味つけを薄くしようかと。

少し控えめにしようかと。

 

それでも。

この習慣はやめられない。

この瞬間がたまらない。

 

味つけが濃くなりすぎて。

君の姿が見えなくなってくる。

 

きっとぼくはいつか後悔するのだろうね。

 

味つけが濃すぎると、からだに悪いから。

味つけが濃すぎると、君に悪いから。