ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

流れに乗っているのに流れに逆らっている。

f:id:touou:20190918202012j:plain

 

ふらふら煙が漂う。

細いものから太いものまで。

小さく広がって、消えていく。

 

風に乗って、消えていく。

 

どこまで行くのか見届けても。

なにかにかき消されるよう、すぐにどこかへ消えてしまう。

 

肩をすぼめて、背中を丸めて。

地球は丸いって聞いているのに、すみっこへと寄っていく。

 

目を細めても、見える景色は変わらない。

 

ふらふら。

ゆらゆら。

どこへ行くのだろう。

このまま煙のように消えてしまいそう。

一歩もここから動いていないのに。

 

風はいつだって吹いている。

風がないように思っていても、きっと風は流れている。

気づいていないだけなんだ。

 

煙の行方に目をこらす。

風に乗った煙の行方を。

 

煙が向かう方に風が流れている。

時代という風が流れている。

 

風が吹いてくる方へと目を向ける。

たくさんの人々が行き交っている。

 

ここはまだ大丈夫。

ここはまだ認められている。

もう少し風が強くなったら、ここも吹き飛ばされるだろう。

 

たばこの煙は消えていく。

小さく広がって、すぐに消えていく。

何かにかき消されるように。

風に乗って、消されていく。

 

風の吹く方に煙を吐き出したら。

全部、自分にかかって、消えた。