ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

夢の中にいる人は誰しも美しい。

f:id:touou:20190919214124j:plain

 

穴を掘っている人がいる。

毎日、毎日、穴を掘っている。

 

なにか埋めるんですか?

気になって我慢できなくなり、その人に訊いた。

 

いいえ。なにも埋めませんよ。

その人は言った。

 

相当な量のゴミを埋めるのか、それとも人を埋めるのか。

怪しげな行動をするその人を見て、そんなことが頭をよぎったが違った。

 

どこまで掘るんですか?

見えないほどに深く掘っているその人に訊いた。

 

いけるところまで、です。

その人は言った。

 

なにか出てきたことはあるんですか?

 

いろいろありますよ。化石も温泉も石油も、そして死体も。

 

えっ?

 

まあ、私には関係のないことですが。

 

えっ?

 

化石は専門の方に差し上げましたし、温泉も石油も。死体はさすがに警察に届けましたがね。

その人は笑いながら言う。

 

そうなんですね…。死体はあれですけど、温泉や石油はなんかもったいないですね。

 

私はそれが目的ではありませんから。

その人は穴を掘り続けながら言う。

 

理解できない。

もったいない。

なんのために穴を掘っているのだろう。

 

どうして穴を掘るんですか?

その人に訊いた。

 

ただの好奇心ですよ。

 

楽しいんですか?

 

楽しいですよ。

その人は本当に楽しそうに笑う。

 

理解はできない。

共感もできない。                                          

 

ただ、一生懸命に穴を掘り続けるその人は。

とても美しく見えた。