ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

絶妙で奇妙なバランス。

f:id:touou:20190922200718j:plain

 

この世はきっと砂場のようなものだ。

 

なにもないところから。

大きな山ができて、大きな川ができて。

 

それだけじゃ物足りなくなって、大きな山にはトンネルを掘り。

それだけじゃ物足りなくなって。

建物作ったり、道路作ったり。

 

少しずつ、広げていって。

少しでも、広げていって。

 

あっちにも、こっちにも。

いろんなものが出来上がる。

 

限られた範囲の中で。

上にどんどん伸びていって。

下にどんどん深くなって。

 

絶妙なバランスで成りっている。

奇跡のようなバランスで。

 

でも、これだけあったら、奇跡なんかじゃないのだろうけど。

 

数え切れないほど、いろんなものが積み重なっている。

崩れないように。

絶妙なバランスで。

 

風が吹いたら、なくなってしまいそう。

飽きたら、すべて崩されてしまいそう。

 

そんな脆さを抱えながら。

そんな儚さを抱きしめながら。

 

また新たななにかができあがる。

 

いつまで持つのか。

いつまで奇跡は続くのか。

 

絶妙なバランスが、絶妙ではなくなるとき。

それがいつかはわからない。

 

昔も今も未来も。

いつだって危うさと隣り合わせ。

奇妙なバランスで成り立っている。

 

奇跡じゃなくなるときを見届けなくちゃ。

奇跡なんかじゃない砂の集まりを。

 

待ち望んでなんか、いないけど。