ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

見えないものと見えすぎるもの。

f:id:touou:20190923203817j:plain

 

なんだかいろんなものが見えづらくなって。

なんだかいろんなものにピントが合わなくて。

 

日常生活に支障をきたすので、眼鏡屋さんへと向かった。

 

視力検査をしてもらうと、相当視力が落ちていた。

そりゃ、見えづらくもなるよ。

 

日に日に、見えづらくなって。

見えなくなって。

見たくなくなって。

 

ぼやけて見えることに慣れてしまって。

 

けれども、こんなに悪くなっているとは思わなかった。

 

眼鏡を新調する。

店員さんがあれこれと勧めてくれる。

 

デザインをどうしよう。

色をどうしよう。

いろいろ試して、一番気に入ったものを手に取り、かける。

 

レンズはどれも同じ。

今までよりもはるかに視界が良くなりますよ。

店員さんは笑う。

 

さっきまであんなにぼやけていた店員さんの顔が、はっきりと見えた。

 

店を出る。

あたりを見渡す。

世界が変わったようだ。

 

いろんな人とすれ違う。

いろんな人と話をする。

眼鏡をかけて、いろんな人と。

 

今までぼやけていたものが、はっきり見える。

はっきり見えすぎる。

 

見えなかったものが見えてくる。

見たくないものまで見えてくる。

 

時折、眼鏡を外して視界をぼかす。

 

こっちのほうが良かったのかも。

大きな息を吐き出しながら、瞬きをくりかえす。