ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

一方通行を乗り越えたら次は進入禁止。

f:id:touou:20190926202853j:plain

 

このあたりは一方通行ばかり。

どこもかしこも、進入禁止のマークが。

 

あそこに行きたいのに、遠回りばかりさせられる。

ここを通っていけば一番近いのに、ここは一方通行。

ここから先は、進入禁止。

 

遠回りして、ようやく目の前に辿り着いたのに。

ここから入りたいのに。

 

関係車両以外進入禁止。

漢字ばかり。

 

どこからが関係していて、どこまでが関係していないのか。

一方通行ばかり。

進入禁止ばかり。

 

一刻も早く、あそこに行きたいのに。

一刻も早く、あそこに入りたいのに。

まっすぐ、一直線に、最短距離で、行けるところなんて、ほとんどない。

 

それでも…。

ルールを破るわけにはいかない。

私のために。

誰かのために。

 

私だって、誰かに勝手に入ってこられたら嫌だから。

進入禁止を出しているのに。

一方通行を出しているのに。

だからルールを破るわけにはいかない。

 

一般論はあっても、明文化されたルールは存在しない。

暗黙のルール。

それは人によって違う。

 

見えないルールを手探りで手繰り寄せ。

破るわけにはいかない。

それは、自由、とは違う。

 

けれども…。

そう思ってあたりを見渡す。

誰もいない。

誰もいなくたって、誰かが見ている。

 

いたずらな気持ちを抑えて。

進入禁止のマークを見て、踏みとどまる。