ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

季節が変わるたびに変わりたい。

f:id:touou:20190927201112j:plain

 

さらけだしていた肌を覆い隠す。

たまにさらけだしてみても、少し前とはもう違う。

 

小麦色に染まった肌を脱ぎ捨てる。

 

湿った肌を脱ぎ捨てたら、乾いてばかりになってしまった。

 

見た目が少しばかり変わったことに、誰か気づくのだろうか。

自分じゃ、よくわからない。

 

毎日のことだから。

そのくらいの変化には気づかない。

 

あのころよりか、少しは成長しているのだろうか。

 

脱皮まではいかなくても。

新たな肌に包まれて、見た目以外、少しはなにかが変わったのだろうか。

 

なんだか、からだが薄くなった気がして。

いろんなものに敏感になった。

 

あのころのように、なにも気にせず鈍感なままでいたいのに。

いろいろ気にしてしまう。

 

袖をまくって薄くなった肌を見る。

記憶よりも記録が残る。

 

強い陽射しはぼんやりとしか覚えていないのに。

薄くなった肌には、いくつもの夏が強くはっきり残っている。

 

ため息を吐く。

やっぱりいろんなことが気になってしまう。

 

衣と一緒に気持ちも替えたい。

脱皮まではいかなくても。

 

小さなことが気になって、いろんなことが気になって。

それでも気づかなかったら、どこか嫌で。

 

衣替えをしよう。

陽射しがこんなに柔らかくなってきたから。

 

衣も肌も脱ぎ捨てて。

新たなものに覆われて。

 

気分だけでも変えてみる。