物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

犬の手も人の手にしたい。

 

f:id:touou:20191001202146j:plain



ああ、忙しい。

ルイは汗だくになりながら走り回っている。

 

ああ、忙しい。

ルイは誰に言うわけでもなく言う。

 

猫の手も借りたい、ってこういうことね。

ルイは手も足も頭もフル回転させている。

 

ああ、忙しい。猫の手も借りたいわ。

ルイは再び、言う。

そう言っていないとやってられない気分なのだろう。

 

ニャー。

すると、どこからか猫の鳴き声がした。

ルイは手を止め、足を止め、考えることもやめて、あたりを見渡す。

 

幻聴かしら。猫の手も借りたい、だなんて普段言わないことを言ったから。

ルイはもう一度あたりを見渡す。

 

いた。

ニャーと鳴く白い猫と目が合った。

 

ルイは猫に近づく。

首輪をしているが、このあたりで見かけたことはない。

 

どうしたの?

ルイは膝を曲げて猫に話しかける。

 

手伝いに来てくれたの?

 

ニャー。

猫はルイに寄り添う。

 

かわいいわね。

ルイは猫の手をやさしく握る。

 

ニャー。

 

ああ、気持ちいい。なんで猫の手ってこんなに気持ちいいのかしら。

 

ぷにぷに。もみもみ。

ニャー。

 

ああ、癒される。

 

いつの間にか。

束の間か。

 

ルイは忙しさを忘れていた。

 

猫の手も借りたい、ってこういうことだったのね。

 

ルイがそう言いながら笑うと、猫はニャーと鳴いた。