ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

いつもと違う姿に惹かれ見つめる。

f:id:touou:20191007212308j:plain

 

こっちからすれば本番前。

まだまだ準備中。

 

本番前にちらりと顔見世。

なんだか、裏側覗いているみたいで気持ちが昂る。

 

今からが本番。

夜の帳が下りてからがあなたの出番。

 

帳が下りてからが本番だなんて。

なんだか滑稽。

夜になったらカーテン閉めるのと同じこと?

 

あなたはいつだって本番中だろうに。

私たちの勝手な都合で本番と決めてしまっている。

 

白くたって黄色くたって。

あなたはなにも変わらない。

変わっているのは私たちの目。

 

あなたはいつもそこにいるのに。

見えたり見えなかったり。

私たちの都合で。

 

それでも、いろんな形を見せてくれる。

 

今夜は綺麗な三日月。

手を伸ばしても決して届かない。

それでも願ってしまう。想像してしまう。

あなたに腰かけている私を。

 

白いあなたは黄色いあなたよりも、生々しい。

勝手にそんなことを思ってしまう。

 

それでも。

なんだか無性にあなたを見たくなる。

なんだか無性に、うれしくなる。