ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

未知との遭遇。

f:id:touou:20191008210756j:plain

 

音楽を聴きながら笑う君。

 

何を聴いているの?

そう言ってイヤホンを片方借りた。

 

聞いたことのない曲。

笑っていられるような歌詞ではない。

 

なのに、君は笑っている。

 

私の知らない音楽はたくさんあって。

私が知らない感情もまだまだある。

 

知っているつもりでいた君のことも。

いろいろ辿れば、知らないことばかりと出会う。

 

知らないことを知ったとき。

また私が知らない感情と出くわす。

 

どうして君はこの曲を聴いているのか。

どうして君はこの曲で笑っていられるのか。

 

イヤホンを返す。

 

不思議な曲だね。

そんな陳腐な感想しか言えない。

 

良い曲でしょ。

君は笑う。

 

私はまだ知らない。

 

こんなとき、なんて言えばいいのか。

こんなとき、どんな顔をすればいいのか。