ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

ジャイアントキリングとは言わせない。

f:id:touou:20191012185543j:plain

 

いつだって敵は強大。

 

知らない誰かがつけたランキングでは、いつも私は格下。

それだけで敵はどんどん大きくなる。

 

自分の目で見るよりも。

自分の肌で感じるよりも。

強くて大きい。

 

いつだって敵は強大。

思っているよりも強大。

 

誰かのせいで、いつだって。

 

やっつけるしかない。

ぶっとばすしかない。

 

勝つのか負けるのか。

 

誰も私が勝つなんて思っていない。

そんなこと知ったこっちゃない。

勝手に決めつけないで。

 

私は負けるつもりなんてない。

今は負けてるでしょ、なんて言われても知ったこっちゃない。

まだ勝負はついていない。

 

誰かが私は負けると勝手に決めつけて。

そんな目で私を見て。

 

敵は強大。

いつだって、思っているよりも強大。

 

誰かのせいなんかじゃない。

 

私のせい。

知ったこっちゃない、なんて言いながら私は勝手に侵食されている。

 

やっつけてやる。

ぶっとばしてやる。

 

見てろよ、いつか。

見せるよ、いつか。

 

なにもせずになにか言うやつら。

ふざけたこと言っていないで。

指でもしゃぶって見ていればいい。

 

まぐれ、だなんて言わせない。

 

誰かが勝手につけたランキング。

私のランキングとは全然違う。

 

番狂わせなんかじゃないってことを証明してやる。