ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

いつだってハードルは高め。

f:id:touou:20191021220202j:plain

 

どうしてこんな顔をしているのか。

自分でもわからない。

 

視線はこっちを向いているのに宙を彷徨っている。

 

この頃はなんだかずっとしんどかったな。

なんて思いながら写真を眺める。

 

髪型も顔の形も肌の色も。

すべてが違う。

 

ほんの数年前なのに。

この頃は、なにもかもがしんどくて。

 

大きなしんどいことがあったら、そのまわりにある小さなこともしんどくなるのだと知った。

 

もっといい顔ができないものか。

どうしてこんな顔をしているのか。

 

変な顔。

 

今となっては笑い話。

笑い話にできる幸せをかみしめる。

 

ほんの数年でいろんなことが変わる。

数年先のことはすぐそこにある気がするのに、数年前のことは遠い遠い出来事。

 

新しい写真を撮る。

あの頃とは違う。

でも、そんなに急かさないで。

 

あの頃とは、もう違う。

すっかり記憶は更新されている。

 

次のステップへ向かっても。

どうしてだか、また気に入らない。

 

数年後、この写真を見て数年後の私はなにを思うのか。

悲しむくらいなら笑っていたい。

 

記憶が更新され続けても。

新たな写真を撮っても。

 

自分はこんなものなんだと認めたくないのは、きっと変わらない。

 

新しい写真はやっぱり、変だ。