ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

これからはじまる見えない鬼から逃れる日々。

f:id:touou:20191026175238j:plain

触れられたら、おしまい。

隠れなきゃ。

逃げなくちゃ。

 

あっちにもこっちにもいる。

目で見ることはできないから。

感じることしかできないけれど。

 

逃げて。

逃げなくちゃ。

息を止めて。

息を殺して。

 

呼吸で居場所がバレないように、マスクをする。

あっちにもこっちにもいるから。

 

触れられたら、おしまい。

けれど、逃げ切ることはできない。

触れられずにいることなんて無理。

 

鬼は無数にいる。

見えない鬼が、数え切れないほど。

 

家の中に逃げ込む。

隠れる。

それでも鬼はついてくる。

 

触れてしまっただろうし。

マスクをしていても吸い込んでしまっただろう。

 

どうしよう。

策はひとつ。

 

石鹸つけて手を洗う。

入念にうがいをする。

 

鬼に捕まるわけにはいかない。

手洗いうがいをしても捕まってしまうかもしれないけど。

やらないよりかは、いい。

 

そうでもしないと。

心も体もゆっくり休めることができない。

 

鬼に捕まったら。

ゆっくり休むことなんてできないから。

 

ゆっくり休んでね、なんて言われても。

きっとゆっくり休むことはできないから。