ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

自分と他人の評価が珍しく一致するとき。

f:id:touou:20191027200625j:plain

 

夜が長い。

 

秋だから。

いや、違う。

 

何度時計を見ても、針は少ししか進まない。

体感では二時間くらい経っているのに、三十分しか進まない。

 

窓の外からは名も知らぬ虫の声。

コオロギとスズムシの区別すらつかない。

 

時計と同じ数だけ鏡を見る。

何度も、何度も、自分の姿を。

 

何度見ても、変わらないことは知りながら。

何度も見ることで、不思議と目は慣れてくる。

 

あれ?

思ったよりも。

 

そう思ったところで、何回見たの?っていう話。

変なところだけポジティブ思考。

 

自分を慰めるだけ。

夜が長い。

早く楽になりたい。

朝はまだ来ない。

 

みんなはなんて言うのだろうか。

みんなになんて言われるのだろうか。

 

嗚呼。

早く楽になりたい。

早く朝になってほしい。

 

何度も見て、見慣れたとしても。

 

髪を切りすぎたのは間違いない。

 

髪を切りすぎた夜は、まるで永遠のよう。