ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

シーズン毎に服を買い替える時期は過ぎた。

f:id:touou:20191028205058j:plain

 

ガラスが曇っている。

 

そんな季節になったのか。

ガラスに息を吐きかけると、さらに曇った。

 

もう一年くらい経ったってことか。

そう呟きながら、去年も同じことを思ったことを思い出した。

 

曇ったガラスに指を当てる。

去年はなにを書いたっけ…?

文字だったのか絵だったのか、それすら思い出せない。

 

一旦、指を離す。

 

気になりはじめたら、止まらない。

今から逆算して、記憶を遡る。

 

遡る過程で良いことなんてそうそう思い浮かばない。

ろくな思い出がない。

そんな思い出ばかり。

なんだか切なくなってきた。

 

再び窓にガラスを当て、ゆっくりと指を動かす。

 

アンパンマンを描いた。

簡単なアンパンマン

からだはなく、顔だけのアンパンマン

 

なにも見ずに描ける唯一のキャラクター。

 

そうしたら、思い出した。

去年もアンパンマンを描いたことを。

 

ろくな思い出を通ってこなかった挙句に同じもの。

なんだか悲しくなってきた。

 

それでも描いたアンパンマンは笑っていた。

それがせめてもの救い。

 

来年はバイキンマンを描けるようになっていたらいいな。

 

さよならしているみたいに。

曇ったガラスに描かれたアンパンマンを手で撫でた。