ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

すべての出来事を確率で表せばどれもなかなかの数字。

f:id:touou:20191101205944j:plain

 

車で信号待ちしていたら、左車線に同じ車が止まった。

色まで同じ。

なんだか嬉しいような、恥ずかしいような。

 

助手席からそれとなくちらりと目線をやると、隣の運転席に見覚えのある顔があった。

 

元彼だ。

 

向こうはまだ私に気づいていない。

 

私の隣でハンドル握ったまま話している今彼は知らない。

左車線にいる同じ車の運転席に座る人が元彼だと。

そして、私が元彼に気づいていることも。

 

なにもないフリをして前を見る。

今彼と他愛のない会話をしながら、上の空。

 

横目でちらりと元彼を何度も見る。

あのころとちっとも変っていない。

 

未練があるわけでない。

こんな偶然、そうそうないから。

 

元彼は黒いブルゾンを着ている。

今彼が着ているものと、なんだか似ている。

ふたりの顔は、今さらながら、なんだか似ているような気がした。

 

これは偶然か必然か。

 

信号が青に変わる。

向こうはスタートが遅れる。

なにやら楽しそうに話していたから。

 

元彼が選んだ人。

私じゃなく、私の知らない人。

車が先に進んだ分、窓に顔を当てるようにして覗き込む。

元彼の隣に座る人を。

 

髪の長さも服の色も、顔の系統も、私とは似ていない。

全然似ていない。

これは偶然か必然か。

 

どうした?

今彼が私に言う。

 

ううん…。

慌てて前を向き直す。

 

後方からクラクションの音が聞こえた。

 

まさか。

 

もう一度ガラスに顔を押し当てるように、うしろを見る。

 

元彼の車が動きはじめた。

青信号になっても動き出さない元彼の車。

業を煮やした後続車にクラクションを鳴らされていた。

 

なんだ。

 

あのころとちっとも変っていない。

 

信号が青に変わったのに、左にいた車が動かないから気になっただけ。

私は今彼に、なにやら少し早口で言った。

 

そのクラクションか。

今彼は興味なさそうに返す。

 

今彼はアクセルを踏み込み、交差点を過ぎてまっすぐ進む。

元彼はウインカーを出し、交差点を左に曲がる。

 

すごい偶然。

こんなところで見かけるなんて。

 

やはり必然。

会話も目が合うこともなく、別々の道。

 

今彼も元彼も元彼の彼女も、そして私も。

それぞれが出会う確率は、きっと、なかなかのもの。

 

今彼が楽しそうに話す言葉に、私は大きく頷いた。