ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

汗かくことを嫌って忘れて。

f:id:touou:20191102202618j:plain

 

めっきり寒くなった。

 

特に朝。

ほんの少し前までぬるかった顔を洗うための水道水が、やたらと冷たくて痛い。

 

服を着替える。

一枚余計に羽織る。

 

寒いのは嫌だけど汗はかきたくないから、いつでも脱げるものをチョイス。

 

なんだか卑怯ね。

 

違うよ。

賢くなったと言ってちょうだい。

 

めっきり上手くなった。

 

歳を重ねるたびに。

表情を作ることが。

いつだって。

状況に合わせて、いつだって。

 

素顔は見せない。

心を許した人にしか。

 

その場を乗り切るがための笑顔。

こっちを見てほしいがための悲し顔。

逃げ出したいがための怒り顔。

 

素顔の上に、一枚余計に羽織る。

汗をかきたくないから、いつでも脱げるものを。

本当の顔はフィルター超しに。

 

なんだか卑怯ね。

違うよ。

賢くなったと言ってちょうだい。

 

暑くも寒くもなく。

温度もなにかも調節していく。

 

一枚余計に。

すぐ脱げるように。

 

素顔で寝て起きたら、もう寒い。

すぐに一枚、羽織らないと。

汗はかきたくないから、すぐに脱げるものを。

 

いつしか心許した人にだって。

素顔の上に一枚羽織ってしまう。

 

こんなに寒がりになったのも。

いつしか何枚も羽織るようになったから?

 

重たいよ。

動きづらいよ。

 

脱いで。

着て。

脱いで。

剥いで。

 

寒がりなくせに。

汗はかきたくないなんて。

 

どれだけ面倒くさいのだろう。