ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

老婆心だなんてうまいこと言うね。

f:id:touou:20191104203447j:plain

 

上るのは大変なのに、下るのはすぐ。

気づいてる?

 

下ることを。

楽だと思っているでしょ?

楽しいと思っているでしょ?

 

上ることを大変だと思わない体力と精神力。

うらやましいよ。

 

ギリギリまでなんとも思わない。

飽きるまでやり続ける。

 

君はまだ知らないんだ。

その内、知ることになるのだろうけど。

 

そんな、おせっかい。

君には必要ないか。

 

限界まで来たら勝手に気づく。

下るのなんて、ほんの一瞬。

痛いくらいに、わかるようになる。

 

口で言ってもしょうがないよね。

自分で感じることが一番。

 

今が楽しければそれでいい。

なにも知らなくていい。

誰かに言われるよりも。

自分で気づいた方が、きっといい。

 

私も気づいたよ。

君のおかげで、気づいたよ。

 

ここから上って、下る。

苦労して上っても、下るときは一瞬。

それでも。

下ったとしても。

 

元にいた高さに戻っただけ。

上る前にいたところと同じ高さ。

立ち位置だけがズレているだけ。

 

下ったわけではない。

元に戻っただけ。

 

苦労したぶん、損した気分になるだけ。

また上ればいいだけ。

 

すべり台を何度も上り下りする君に教えられた。

 

君は苦労だとは思っていない。

下るために上ることを、苦労だとは思っていない。

 

下ることを恐れて上ることを恐れる私とは、根本が違う。

 

ああ、やっぱり君には。

私の戯れ言なんて。

私の思いなんて。

 

ただのおせっかいだったようだ。