ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

朝のイオンを通り抜けて。

f:id:touou:20191105203226j:plain

 

電車で仕事へ向かう。

いつもは車だけど、今日は電車。

 

バッグに入れた文庫本を取り出して。

立ったまま電車に揺られる。

 

いつもと景色も時間の流れも違う。

いつも通る道を上から眺めるのも、悪くない。

 

電車にはたくさんの人がたくさんいて。

はじめて見る人ばかり。

きっと、はじめて。

 

文庫本の作者は、伊坂幸太郎

連作短編集。

何度も読んだことがある本。

夢中になって駅を乗り過ごすことを恐れて、既読の本を選んだ。

 

それでも引きずり込まれる。

ワールドに。

すべてがあとで繋がっているとわかっているのに。

繋がり関係なしに、それぞれの章に引き込まれる。

 

キリのいいところで駅に着いた。

駅から会社までは徒歩10分。

イオンの向こう側。

 

まだ開店していないイオンの駐車場の中を斜めに歩いていく。

最短距離を歩いていく。

 

駐車場には数えるほどしか車がない。

静かな空間。

かと思えば、うしろから電車が走る音が響く。

 

もうすぐで開店時間。

入口付近には人影がまばらに見えた。

 

年齢層は高い。

 

イオンの買い物カートにバッグやらビニール袋やらをびっしり詰め込んだ老婆。

朝からノンアルコールビールを片手になにやら呟く老爺。

 

笑っている人もそうじゃない人も。

適度な距離を保って、開店を待っている。

 

歩いていくと、前方に車が停まった。

中から夫婦が出てきた。

齢50ほどだろうか、ふたりとも。

すでになにやら楽しそう。

仲良さげに会話している。

 

歳を重ねても仲が良いことはいいことだ。

なんだか、そんな気がした。

 

歩く私。

その前を横切る夫婦。

 

すぐに違和感を覚える。

 

妻は黒いスカートを履いていた。

白いドット柄の黒いスカート。

 

そして夫。

夫も黒いスカートを履いていた。

白いドット柄のスカート。

 

お揃いだ。

 

私は横目でじっくり見る。

見間違いではないのかと。

スカートではなく、ハーフパンツなのではないかと。

 

スカートだった。

間違いなく。

 

イオンはまだ開店しない。

今朝は冷え込む。

 

夫婦はなにも気にする素振りもなく、仲良さげに話している。

 

変なの。

そう思いながら、微笑ましくもあった。

 

イオンを通り抜け、職場につく。

仕事中も、時折、あの夫婦を思い出す。

 

帰り道。

駅に向かうため、イオンを横切る。

車はいっぱい。

駐車場を斜めに突っ切ることはできない。

 

たくさんの人と車で渋滞している。

人影のすきまから、あの夫婦を探す。

 

いない。

 

あの夫婦も、カートをパンパンにした老婆も、ノンアルコールの老爺も。

これだけ人がいるのに。

見たことない人ばかり。

 

駅に着く。

人が増える。

一応、探す。

いるはずもない。

 

電車に乗り込む。

バッグから文庫本を取り出す。

 

朝の続きを読む。

登場人物が繋がってくる。

 

本を閉じて、あたりを見渡す。

一応、探す。

いるはずもない。

 

誰も見たことがない。

朝、電車で同じ車両に乗った人は誰もいない。

たぶん、いない。

もちろん、あの夫婦も。

 

あーあ。

本を再び開いて、心の中で呟く。

 

繋がらないか。

 

まだわからない。

本の中では、ちょうと時間を超えて繋がった場面だった。

 

まだわからない。

どこでどう繋がるのか。

今だけでは判断できない。

 

ただ、思い出す。

あの夫婦を。

お揃いのスカートを履いた夫婦を。

 

なんだか恋人に会いたくなった。

今日は会う予定はないけれど。

 

本を閉じて、スマホを取り出した。