ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

いつか雨はやむけど今やんでほしい。

f:id:touou:20191107205742j:plain

 

雨が降るたび寒くなる。

ただでさえ、寒くなってきたのに。

 

家を出てすぐに、雨が降ってきた。

傘は持っていない。

曇ってはいたけれど、降りそうにはなかったのに。

 

なにも当てにはできない。

私の勘なんて、そんなもの。

 

買ったばかりの薄手のコートなんて着てくるんじゃなかった。

 

そう思いながら、近くの喫茶店に入る。

窓際の席にすわり、コートを脱ぎ、背もたれにかける。

いくつかついた雨粒を手で払いのける。

 

着ていればいつか汚れるだろうし、濡れることもあるだろう。

でも、今日だけはなんだか嫌だな。

 

頼んでいたコーヒーがやってきた。

コーヒーを飲みながら外を見る。

窓ガラスには雨粒がいくつも斜めに走っている。

 

うっすらと窓ガラスには細い目つきの私が映る。

やまない雨はない。

そんなことはわかっている。

そんなことを聞きたいんじゃない。

いつかではなく。

今、やんでほしいのに。

 

雨粒は増える一方。

永遠のよう。

飲みたくもないコーヒーを飲む。

 

やまない雨はない。

そうだね、なんて言っている余裕もない。

 

あんなにあった時間の余裕。

今ではすっかりなくなって。

カウントダウンがはじまっている。

 

永遠のようだった時間は、やはり有限。

そんな当たり前のことを当たり前に思い出していると、雨がやんだ。

 

店を出る。

飲む予定はなかったけれど、ホットコーヒーを飲んだのに。

からだが冷える。

 

雨が降るたび寒くなる。

 

手に持ったコートを羽織る。

それでも、やっぱり、まだ寒い。

 

急いで小走りで、駅へと向かう。

少しだけあったかくなってきた。